クラビット(cravit)の効果と副作用について

クラビットの副作用は、喉の渇き、めまい、頭痛、吐き気、嘔吐、食欲不振、胃痛、下痢、消化不良、口内炎、舌炎、便秘、腹部膨満感などが言われてます。クラビットに限らず抗生物質のお薬には副作用がでる可能性を否定はできませんが、主症状を改善するためには、多少のめまい、頭痛は仕方ないと考えないと病気を治せません。

クラビット

クラビットによる重大を伴う副作用は通常滅多にありませんが、服用を始めた初期症状には注意が必要です。
クラビット|cravit(正規品・ジェネリック)の医薬品通販一覧

クラビットを使用中は直射日光に当たらないように保管する事が大切です。また、60歳以上、ステロイド薬との併用時、臓器移植を受けられた人においては、アキレス腱障害の副作用がでやすいとされます。妊婦、妊娠している可能性のある女性のかた小児等には普通服用を用いません。

クラビットは、合成抗菌剤で主に細菌に対して殺菌作用があります。様々な細菌に対して効果

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ