バルシビル(valcivir)の効果、飲み方と注意事項等について

valcivir

バルシビル(valcivir)商品詳細

バルシビルはヘルペスや帯状疱疹に効果があるバルトレックスのジェネリック医薬品です。主成分を『塩酸バラシクロビルとした抗ウィルス剤』で単純ヘルペスウィルスの治療薬としての効果はバルトレックスと変わらずヘルペスや帯状疱疹ウィルス等の細胞内でのDNA合成を阻害してウィルスの増殖を防ぎます。感染後は早期の服用が高い治療効果を期待できるので、早期発見にてバルシビルを即服用することが感染治療の最善の治療法になります。
バルシビル(valcivir)500mg/1000mg(バルトレックスジェネリック)通販ページ

バルシビル(valcivir)使用方法

バルシビルの一般的な服用法は、ヘルペスの感染治療の場合500mgを1日2回服用します。帯状疱疹の感染治療には、1000mgを1日3回服用して下さい。また、再発治療には 500mgを1日1回服用します。

バルシビル(valcivir)副作用、注意点

バルシビルの副作用は一般的に腹痛・下痢・貧血・発熱・頭痛・蕁麻疹・かゆみ・吐き気等があります。注意事項は、薬に対するアレルギーや病気中の方・妊娠・授乳中・乳幼児・小児は使用をお控え下さい。また、高齢者や腎障害を持つ方は慎重に服用をする必要があります。他の薬と併用する場合は医師とご相談して下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ