ゾビラックス(zovirax)の効果、使い方、注意点について

zovirax

ゾビラックス(zovirax)は、製薬会社のグラクソスミスクラインが製造販売を手がける抗ウイルス薬です。単純疱疹、帯状疱疹、ヘルペスウィルス感染症などに使用されます。ゾビラックスは、錠剤だけでなく、粉薬、塗り薬、眼軟膏、点滴などがあるので、その人にあった剤形を選ぶことができ、錠剤が飲めない子供でも粉薬を服用したり、飲み薬では効果が現れにくい部分は塗り薬などで対処できる薬品です。
ゾビラックス(zovirax)200mg/400mg/800mg通販ページ

しかし、体内に入ると効果を発揮する時間が短いので、1日5回ほど服用しなければならない服用回数の多い薬であるのも特徴の一つです。

注意点は、腎臓の機能が悪い人は、薬が体内から抜けにくいので用量を減らさなければならないこと、まれにアナフィラキシーショックなどが起こることなどで、副作用としては、消化不良、下痢などが起こることがあります。

とくに問題なければ、5~7日間ほど服用すると症状は軽快します。

ちなみに私は疲労がたまったためか、帯状疱疹にかかったことがあるのですが、このゾビラックスの点滴を1日3回5日間ほどすると良くなりました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ